FC2ブログ

明智光秀の城 福知山城、亀岡城へ

福知山城  続100🏰  158番目  (京都府福知山市)

明智光秀が築城した福知山城を訪れました。築城当時から残っている石垣には
転用石が使われています。

fukuchiyama8.pngfukuchiyama11b.pngfukuchiyama12b.pngfukuchiyama13b.pngfukuchiyama17b.png fukuchiyama.png

亀岡城  (京都市亀岡市)

明智光秀は、この亀岡城から本能寺に向かいました。現在は宗教法人の管理地で
本丸跡付近は聖域になっていて立入禁止です。

kameoka1b.pngkameoka2b.pngkameoka4b.pngkameoka6b.png


スポンサーサイト



岸和田城探訪

岸和田城 続100🏰 161番目 (大阪府 岸和田市)

1336年湊川の戦いで楠木正成の部下岸和田治が開拓したのが始まりと云われています。
後1583年の豊臣秀吉の紀州攻めの拠点として小出秀政が五重の天守を築いています。
天守は1827年の落雷で焼失し、天守は昭和に再建されたものですが、石垣は築城当時の
ものでよく整備されています。国名勝の「八陣の庭」も必見です。

kishiwada1b.png kishiwada2b.png kishiwada3b.png kishiwada5b.png





和歌山お城巡り

<新宮城 続100🏰 167番目 (和歌山県 新宮市)

1600年和歌山城主浅野幸長が家老浅野忠吉に新宮を所領として与えました。しかし
一国一城令で廃城となりますが、1618年築城許可が下り、後入封した水野重央二代
重良で完成しました。

mieshiro22-1b.jpg mieshiro22b.jpg mieshiro21b.jpg mieshiro21-1b.png



橋杭岩  (和歌山県 串本町)

約1500万年前の火山活動により、泥岩層の間に流紋岩が入り込み、後浸食により
柔らかい泥岩部が浸食し、硬い石英斑岩が杭状に残ったものです。

mieshiro24b.png mieshiro25b.png mieshiro26b.png mieshiro27b.png




和歌山城 100🏰 62番目 (和歌山県 和歌山市)

豊臣秀吉の弟秀長により築城され、江戸時代徳川家康の子供頼宣の居城となり
紀州徳川家として明治まで続きました。1945年の和歌山大空襲で天守は焼失しました。

mieshiro23b.jpg mieshiro28b.png mieshiro29b.png mieshiro28-1b.png








三重お城巡り


伊賀上野城 100🏰 47番目 (三重県 伊賀市)

築城の名手藤堂高虎が、家康の命令で大坂城攻めの拠点として大改修しました。
五重の天守も築きましたが建築中に倒壊、豊臣家が滅び高虎も津城に移り、
城は未完のままとなりました。高虎が築いた日本有数の高石垣は必見です。

mieshiro1b.png mieshiro2b.png mieshiro3b.png mieshiro3b-1.png



多気北畠氏城館 続100🏰 153番目 (三重県 津市美杉町)

室町から戦国時代にかけて伊勢国司として勢力を誇った公家大名北畠氏の城跡です。
後伊勢に勢力を伸ばしてきた織田信長により滅ぼされます。神社部分の居館と山上の
霧山城があります。

mieshiro4-1b.png mieshiro4b.png mieshiro5b.png kitabatake.png



津城 続100🏰 152番目 (三重県 津市)

1570年織田信包(信長の弟)が本格的な城を築きました。信包が丹波に移った後
富田知信が入り、その子信高は関ヶ原の戦いで東軍につき、激戦の後開城するも
後津城に返り咲きました。信高が宇和島に移った後藤堂高虎が入り大改修しました。
石垣と堀との間に高虎がよく使用した犬走が見えます。

mieshiro8b.png mieshiro7b.png mieshiro6b.png mieshiro8b-1.png



松阪城 100🏰 48番目 (三重県 松阪市)

安土城の築城に携わった蒲生氏郷が縄張りした石垣は見事です。江戸時代初期には
松坂藩の藩庁が置かれましたが、その後は御三家紀州藩の南伊勢国を統括する城代が
置かれました。たまたまお会いしたボランティアガイドさんに案内して頂きまでぃた。

mieshiro9b.png mieshiro12b.png
mieshiro11b.png mieshiro11b-1.png




田丸城 続100🏰 154番目 (三重県 度会郡玉城町)

南北朝時代に北畠親房が南朝の拠点として築いたと伝えられています。1569年に
織田信長が伊勢に侵攻。二男信雄に北畠を継がせます。信雄は田丸城を改修し
一時本拠地としました。1619年紀伊徳川家付け家老久野氏の居城でした。

mieshiro13b.pngtamaru.jpgmieshiro14b.png mieshiro14b-1.png




赤木城 続100🏰 155番目 (三重県 熊野市紀和町)

                                            
規模の違いはありますが、竹田城跡と似ています。山奥に廃墟のような感じで城跡が
残っていて、石垣も見事です。1586年奥吉野の地侍が蜂起した北山一揆の鎮圧拠点
として、当時紀伊国主豊臣秀長の家臣藤堂高虎が縄張りしたのもです。一揆鎮圧後
廃城となりました。

mieshiro20-4b.png mieshiro19b.png mieshiro16b.png mieshiro18b.png mieshiro15b.png > mieshiro18b-1.png


宇陀松山の城と町

宇陀松山城址 続100🏰 166番目 (奈良県宇陀市)

梅雨の晴れ間に、宇陀松山の城と町を訪れました。昔薬の町として栄えた町です。
宇陀松山城跡は、宇陀に十数年住んでいましたが初めて訪れます。入口から城跡
まで600m、500mまで舗装された道を登ります。後100mは地道ですが、途中
堀切跡、大手門の石積を見ながら、登り切った所が本丸、天守跡です。豊臣時代
には郡山城、高取城とともに大和国支配の要の城でした。

 oouda3-1b.pngoouda4b.pngoouda1b.pngoouda5-2b.pngoouda5-3b.pngoouda5-6-1b.pngoouda5-8b.png 宇陀







篠山城址探訪

篠山城址 100🏰 57番目 (兵庫県 篠山市)

徳川家康が大坂豊臣家、西国大名の押さえの城として、天下普請で6か月で完成させました。
縄張りは築城の名手藤堂高虎です。篠山城址は「馬だし」が完全な姿で残っている数少ない
お城でした。天守台からは、波多野氏の居城八上城があった高城山が望めます。

sasayama1b.pngsasayama5-1b.pngsasayama7b.pngsasayama9b.pngsasayama11b.png sasayama14b.png











岡山城巡り

津山城 100🏰 67番目 (岡山県 津山市)

津山城は森忠政(美濃金山城城主森可成の六男)が1604年から1616年の13年かけて築城
されました。天守等建物は明治7~8年に取り壊されましたが、現存する石垣は在りし日の壮大な
津山城の姿を偲ばせます。

okashiro1-5b.png okashiro1-7b.png okashiro1-13b.png   okashiro7-1b.png




備中松山城 100🏰 68番目 (岡山県 高梁市)

駐車場からは山道を30分程(健脚)登りますが、途中壮大な石垣が見えてきます。疲れを忘れしばらく
登ると山城で唯一現存する天守に到着です。

okashiro2-9b.png okashiro2-13b.png okashiro2-17b.png okashiro7-2b.png




<鬼の城 100🏰 69番目 (岡山県 総社市)

桃太郎の鬼退治伝説の地です。633年百済救済に向かった倭国が、唐・新羅連合軍に白村江
の戦いで敗れたため、天智政権が九州・四国の対外防衛にため築城したと云われてます。
山頂から総社平野が一望できます。

okashiro3-3b.png okashiro3-6b.png okashiro3-8b.png okashiro7-3b.png




<備中高松城 続100🏰171番目 (岡山県 岡山市)


綺麗な蓮の花が咲いていました。昭和57年歴史公園として整備時、400年の時を経て芽を出した蓮を
悲劇の城主清水宗治の名前をとって宗治蓮と呼ばれています。

okashiro4-1b.png okashiro4-3b.png okashiro4-4b.png okashiro7-4b.png




岡山城 100🏰 70番目 (岡山県 岡山市)

岡山城で思い出されるのは、宇喜多秀家と豪姫の物語です。関ヶ原の戦いに敗れた秀家は八丈島に
流されますが、流刑の後も明治に至るまで豪姫の実家加賀前田家が宇喜多家を援助していましたが、
これは豪姫の遺言であったという話は胸打たれます。

okashiro5-3b.png okashiro5-4b.png okashiro5-5b.png okashiro7-5b.png

赤穂城探訪

赤穂城 100🏰  60番目 (兵庫県赤穂市)

天守閣はありませんが、その天守の配置が分かるようにしつらえがあり、往時を
偲ばせます。石垣、お堀は立派です。2002年旧赤穂城庭園が国名勝に指定
され計画的に整備されています。

okashiro6-3b.png okashiro6-1b.png okashiro6-2b.png okashiro7-7b.png




プロフィール

やっさん

Author:やっさん
蟹座の大阪生まれ。

ホームページ
http://aitoku57.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR